fc2ブログ

韓国ドラマ★サランヘヨ♪

自分好みの新旧・韓ドラ+韓国映画の感想を気ままに綴っています

ピノキオ



『ピノキオ』(SBS 2014年11月~2015年1月放送 全20話)視聴終わりました。
けっこう面白く視聴したのですが…ちょっと、モヤモヤ感も残りましたね。

ちょうどGyaoで配信中ですが、韓ドラっていつも思うけど恋愛シーンは必須(視聴率稼ぎ&視聴者の
好みに合わせて)なのは分かるけど、題材によってはさらっとした描き方でいいんじゃない。^^ゞ

でないと、ドラマで一番伝えたいことテーマが霞んじゃう。何でもかんでも恋バナ入れ
なくちゃ~というのはどうなの(?)と、、、ちと~辛口メッセージになるかも…。

ところでタイトルの『ピノキオ』とは、ピノキオ症候群に罹ったヒロインのイナ(パク・シネ)が嘘を吐く
と体の一部が(自律神経系の異常で)反応してしゃっくりが出るという症状のこと。あくまで、ドラマの為
に創作された架空の症状なのだとか。

そのピノキオと真実を伝えるTV報道局の記者という設定は、新鮮で目のつけどころが面白いと思ったのです
が、真実を伝えるために取材をする時は嘘も方便と言われ、嘘のつけないイナが記者試験に落ち続けるという
のが、何か笑えます~^m^

イイ意味での嘘もつけないということですね。もともと生真面目な性格なのかなイナは…

    ◆あらすじ
     火災で亡くなった消防士の父は、歪曲報道により汚名を着せられる。 残された家族は、世間の冷たい目
     にさらされ精神的に追い詰められた母親は息子を道連れに海に飛び込み母親は亡くなり、息子のハミョン
     は島れつき老人に救われ、その老人の息子として暮らすことに…。一方、離婚した父親と共に祖父の
     元へやって来たイナは、そこでダルポと名乗る少年に出会う。ボケ気味の老人が自分の息子と思っている
     ので、イナとは同い年なのに…ハミョンは伯父さんのダルポということになっていた。

      13年後…密かにイナを想い続けるダルポは、母親と同じ放送記者を夢見るイナがピノキオ症候群のため
     嘘がつけないことで試験に落ち続けるのを見ていられず、一緒に放送記者になろうと決意する。紆余曲折
     の末、それぞれライバル局の記者となるがイナの母チャオクこそ、家族を崩壊させた記者だった事を知り
     ダルポは衝撃を受ける。さらに、生き別れた実兄ジェミョンと再会するのだが…


                                                                                                                      
この作品、大人の童話という発想なのか(❔)1話から最終話までのエピソードに、童話のタイトル
が多くつけられていることからも分かります。ちなみに、そのエピソードのタイトルを列挙すると…

         ピノキオ、みにくいあひるの子、雪の女王、ロミオとジュット、王様の耳はロバの耳、15少年流記、
         井の中の蛙、運のいい日、ハーメルンの笛吹き男、 オオカミ少年、夏の夜の夢、魔笛、クリスマスの贈り物、
         ヘンゼルとグレーテル、ドン・キホーテ、裸の王様、スカーレット・レター、赤い靴、北風と太陽、ピーター
        ・パンといった具合。

ただ、描き方に物足りなさが残るんですよ(~って、あくまで私的な感想です^^ゞ)。物語りの後半で遅い位
ですが、イナの母親チャオクを操る財閥ボンジョブデパート会長の存在が明らかになり⇒さらに、背後で議員と
の癒着の実態が浮き彫りにされたのに、政界を揺るがすような事件には発展しなかったような印象が…。

チャオクを演じたチン・ギョンは『浪漫ドクター キム・サブ』にも出ていたけど、全く違うキャラで魅せられた。
また、ボンジョブデパート会長役のキム・ヘスクも息子を溺愛する母親とクールな仕事人という二面性のギャップ
のある演技は、さ・す・がです~

ところで、真実を追求する報道の世界を描いているのだから、とことん真実を突き詰めてほしかったというのが…
正直な思い。甘いオブラートに包みながら苦い薬を飲むようで、真実をこれでもか~と畳みかける描き方ではなく、
どこかほのぼのとした雰囲気を漂わせるのは、童話の世界と通じる。韓ドラ→とくに現代劇って、ほとんどがこの
パターンかもですが~

先にも書いたように観終わって印象に残ったのが若い男女の恋バナって…何か違うだろうと^^ゞ
テーマは「真実を伝える」こと。 だから、ニュースを伝える報道に身を置く人物を主人公にした
と思うので、私的には~その辺をもっと掘り下げて描いてほしかった。

恋バナ&三角関係といった韓ドラ定番も、題材によってはなくてもよいのでは(?)と思ってしまうのです。
まぁ~それがあるから韓ドラたる所以なのですが…長年、韓ドラ観続けてると時には、ガツンと確信を突く
パンチの利いたドラマを観たくなります。


※記事中での敬称は省いています。ご了承くださいm(__)m  
  

関連記事
Last Modified :

Comment







非公開コメント
No title
クールですね♪あたしは恋愛あり大好きです(笑)時代劇の恋愛ありがベストかな
今一段落中です…次は何見ようかな〰
2017-07-29-15:20 いか
[ 返信 * 編集 ]
No title
いかさ~ん、いつもありがとうございますm(__)m

まぁ~あくまで私的な感想ですけれど…。クールというか、
こういう報道の世界の物語りや事件を追う刑事ものなどは、
やはり、犯人捜しというか~集中して観たい方なので、あ
まり重点を恋バナの方へ向けてほしくないという願望です
かね…。

そうそう、いかさんがコメントされてるように史劇の恋愛は
いいですよね。時代ということもあるけど、描き方がgood
2017-07-29-16:09 Saranheyo
[ 返信 * 編集 ]
No title
お久しぶりです。私も恋愛👋😞いらないです。韓国ドラマを見始めた頃は、
切ないシーンになるとイライラ😒💢💢していましたが、
最近は私が慣れてしまったのか?韓国ドラマが恋愛シーンも、あっさりしてきたのか?
イライラが無くなってきました😁
2017-07-31-21:09 ruri
[ 返信 * 編集 ]
No title
ruriさん、お久しぶりです~♪^^

まぁ~作品によっては、恋バナ全然OKっていうのも
ありますよ。ないと逆に面白さが半減しちゃうドラマも~

なので、やはり題材によるんですけどね…この『ピノキオ』は、パク・シネ
とイ・ジョンソクがメインなので、二人の恋バナがどうしても必須だったん
でしょうけれど、どうも仕事と恋のバランスが悪いというか~もっとさらっ
とした描き方でよかったんじゃないかと。

そういう意味では、『月桂樹洋品店の男たち』の登場人物それぞれ
の恋バナは面白かったし、けっこう笑いっぱなしでした
2017-07-31-23:07 Saranheyo
[ 返信 * 編集 ]