fc2ブログ

韓国ドラマ★サランヘヨ♪

自分好みの新旧・韓ドラ+韓国映画の感想を気ままに綴っています

女王の教室



『オフィスの女王』『怪しい家政婦』と続き最後になりましたが、『女王の教室』(MBC 2013年の作品 全16話)
の感想です。日本のオリジナル版では、ヒロインを天海祐希が悪魔のような小学校の鬼教師を演じて話題になった
そうですが(未見)‥‥韓国リメイク版では『善徳女王』で圧倒的な存在感を示し、人気を博したミシル役を演じた
コ・ヒョンジョンがヒロインを演じて、なかなか観応えありました。

タイトルの女王繋がり、適役で面白く視聴しました。問題提起の教育ドラマではあるけど…韓国では、
ドラマをどういう風に感じ、どう受け止められたのか ちょっと気になるところですね~^^ゞ

ところで、オリジナルの日本版もそうですが…日本での放送時はかなり論争を呼んだみたいなので、韓国でも
受け入れらないという意見も多かったのではないかと。もしくは、とても考えられないという感じだったのか。
韓国バージョンしか観てないけど、えっ~?!と思ったくらいなので (って、年代的な教育観もあるのかも)、 
推して知るべしかなと…。^^ゞ

ドラマ的には、鋭い切り口で面白かったです。最後には、ヒューマンな展開になるので正直~ほっとしたけどね。
とくに、先生と子供たちのやり取りが中心になるわけだけど。前半は、先生の一方的に従いなさいという強圧的
な感じで、権威を示し重苦しい雰囲気だったのが、後半からはただ先生に従うのではなく、子供たちなりに考え
ながら問題を解決していこうという姿が見られ、受動的だったのが能動的になってゆく。成長した子供たちの姿
がまぶしく感じられました。^^

これって、先生が憎まれ役を買って出て(この辺もミシルみたいだけど)子供たちの手助けしたということだろう
けど、憎まれ役になる覚悟は…本当に子供たちを愛してなかったらできない。だって、わざわざ憎まれたいとは
だれも思わないしね。皆よく見られたいわけだし、あえて憎まれ役とはアッパレです。あのコ・ヒョンジョンの
迫力は、子供たちにとってはミシルと同じだったかも~^m^

と・こ・ろ・で、、、共演した子役たちがすご~~~い 

『冬の小鳥』『アジョッシ』のキム・セロンちゃん。涙を誘った感動的なドラマ『ありがとうございます』や
映画にも多数出演しているソ・シネちゃん。きれいなお嬢さんという感じのイ・ヨンスちゃん。そして、史劇
などにも多数出てるいたずら好きな感じの子役チョン・ボグン君など…子役とコ・ヒョンジョンの演技バトル
が繰り広げらるのも必見です~

また、校長先生役に名女優のユン・ヨジョン。大好きな女優なので、とっても嬉しかったです


◆オフィスの女王はこちら
◆怪しい家政婦はこちら



関連記事
Last Modified :

Comment







非公開コメント
No title
このドラマはレンタル視聴で一気に観ましが惹き込まれました。
全16話なので、気安く観れる話数だと思います。とくに後半
からの先生と生徒たちとの信頼関係が生まれるシーンは感動的
でした。また、卒業を迎えるラストシーへのシュチエ―ション
は素晴らしかった。さすがシナリオがうまく練れてて敬服です。
2015-11-10-17:51 Saranheyo
[ 返信 * 編集 ]